« May 2012 | Main | July 2012 »

2012.06.04

虫歯デー

今日、6月4日は語呂合わせで、虫歯デーである。 虫歯を予防し、虫歯をなくすことはいいことである。

ところで、同じムシでも、日本の国会の国民無視は目に余るものがある。 国会議員どもにはそのことが判ってないのだろうか。 実に情けない限りである。  日本国民は教養が高いのか(?)すでに無気力なのか、こんな状態でありながら、国会襲撃の大デモも、クーデター的状況の気配もない。 他国では考えられないことだろう。

先にNHKの特集番組だったか、日本の医療制度とか、少子高齢化社会の今後、などなどについての放送があった。 視聴者参加番組もあった。 それらの放送を聞いていて、端的な表現こそなかったが、全体の雰囲気として、「年寄りは死んでください国のため」との感情が横たわっているのが感じられた。 一理である。 事実、その感想を述べられた多くの患者を知っている。 身障一級の私に向かって、個人的に、病院の管理運営上からも、私のような存在は困った問題だと、ご意見を述べられた医師も知っている。 本音だろう。

嘗て以前にも触れたことがあるが、人の権利の中には、尊厳死(安楽死)を自分の意志として選ぶ権利も含まれるべきだ、と述べたことがある。 それも出来得れば国際的な認知があればよいと思っている。 しかし、四捨五入すれば、もう百年も前の第二次世界大戦の戦勝国のみが、拒否権を行使できるという不合理が未だにまかり通る状態では、とても無理なことである。

従って私はローカル的な立場からでも、早急にこの「人間の正当な権利」の行使を認めていくべき時代にきていると思う。

 

 

| | Comments (30)

« May 2012 | Main | July 2012 »