« 自己調節 | Main | 散水車 »

2010.07.23

大暑、そして矛盾

大暑、そして矛盾

今日、7月23日は、大暑である。 しかも文字通りの「大暑」で、日本列島の各地で、猛暑日が続いている。 京都でも、35℃を越える猛暑日が、これまで何日続いていることか。 

私の再生心臓は、暑さに弱い。 もう、毎日、フタフタしている状態である。 心臓が弱ると、肺水腫になりやすい。 肺水腫になると呼吸困難となり、入院治療が必要となる。 これを避けるために、利尿剤を飲んで、せっせと体内から水分を排出せねばならない。

一方、猛暑日では、体内水分の消失によるいわゆる「熱中症」の危険がある。 事実今年も、これまでに、高齢者を中心に、数十人の人達が死亡されている。 熱中症を避けるためには、こまめに水分と塩分を摂取して、体内の水分調節を維持しなければならない。 熱中症は必ずしも戸外だけでなく、室内でも起こりうる危険性がある。 クーラーの効かした室内でも、体が火照ってくるのだ。 心臓がフタフタの状態となる。

熱中症を避けるために水分を採り、肺水腫を避けるために、利尿剤を服用して水分を排出する。 これを「矛盾」という。 矛盾を克服(克暑)するには、一体どうすれば良いというのか?!

|

« 自己調節 | Main | 散水車 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 自己調節 | Main | 散水車 »