« 七夕 | Main | パウロ君 »

2010.07.09

投票日が近い

投票日が近い

参議院選挙の投票日が近い。 投票には行くけれども、どの党の誰に投票するのか、どの党を選ぶのか、まだ決めかねている。 もっとも、私の一票だけで、日本の政治が変わるわけではないけれども、自分としては、ある程度の確信を持って、一票を入れたいと思っている。

その確信とは、

1. 憲法は改正する とりわけ問題の9条は現実に即して改正しなければならない。 自衛隊は明らかに戦力であることを、堂々と示すべきである。 これまでの、言い逃れ的な「嘘」が日本の悪の根元となっている事を自覚すべきだ。
2. その上で、現在の「不平等」そのものである日米安保条約を破棄、改訂する。 当分の間、核抑止力は必要だから、安保同盟は維持するが、日本に残す米軍基地は、1カ所のみとする(例えば硫黄島?)。 
3. 経費削減のもっとも確実な方法として、衆議院、参議院の議員数を削減する。 その数は当面の所、今の民主党が掲げている衆議院80,参議院40でよい。 何処かの党が言っているように、一挙に半減とするのは、笑止である。 
4. 消費税はとにかく一律10%に上げる。
5. これまでいずれの党も個人も言及を避けているが、宗教法人に対する課税を検討すべきである。 先ずは、その事業仕分けから始める。

こんな党は・・・やはり無いか?! 

|

« 七夕 | Main | パウロ君 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 七夕 | Main | パウロ君 »