« 勤労感謝 | Main | ワッファリンと胃潰瘍 »

2009.11.26

名物

Ujibashis

名物

名物に美味いものなし伊勢うどん

と言う話を何処かで聞いたことがあるように思うが、その伊勢に久しぶりに出掛けた。 この度、新たに、京都八条口から、直に伊勢神宮内宮前に到着する高速バスが、開通したのを知って、早速に申し込んだ次第。 乗り込んだバスは京阪バスで、車内は気持ちよくできている。 この時、女性グループが乗り合わせたが、彼女らの饒舌だけには閉口した。バスは新名神をスイスイと走る。 近鉄特急に乗って、宇治山田で下車し、又路線バスに乗るよりは、こちらの方が、気が楽である。 

バス停から宇治橋は目の前である。 この時期、伊勢神宮は空いていると思っていたのに、観光バスで乗り付けるお客の多さに驚いた。 宇治橋の前は大盛況である。 橋が新しく架け替えされたのも動機の一つだろう。  私の小学6年生の時、日帰りの修学旅行で、宇治橋の前で全員集合写真を撮った、懐かしい思い出が残っている。 あの時は何に乗ってきたのかも忘れてしまったが。

今の私め、超スローでしか歩けないので、とにかくゆっくりゆっくり歩く。 そして写真を撮る。 

On_the_bridge_40

Garden1

宇治橋からの景観が美しい。 庭が美しい。 翩翻と翻る日の丸が美しい。 

Isuzu_river1

五十鈴川畔の紅葉がこれ又美しい。 内宮前の砂利道、林立する杉の大木は、それだけで神秘的である。内宮のお社は今 遷宮中で、奥の方に木曽の檜による新宮の棟木が、白く輝いているのが垣間見られた。

お参りを済ませ、御朱印を戴く。 子供の頃、スタンプ帳に戴いたのと同じで懐かしい。再び内宮橋を渡り、内宮繁華街の おはらい町通りにはいる。 それにしても人出が多い。伊勢うどんの店も多い。 かの有名な赤福本店から おかげ横町に入り、歴史のある「ふくすけ」店でとにかく、伊勢うどんを注文した。 店は店外の床几までほぼ満員である。それなりの歴史、由緒来歴があるのだろう。 が、伊勢うどん、率直に言って、名物に美味いものなし の典型であった。 次ぎに来たときには、今ひとつの名物、手こね寿司 を注文してみよう。 似たようなものと思うが、この日、街頭で売られていた しめさんまの寿司を買って帰宅してから食べたら、是は美味しかった。 久しぶりに食べた赤福の餅も美味しかった。

Hinomaru

帰りのバスは内宮前から私達二人だけ、外宮前から若い二人が乗ってきて、後ろの方に坐ったので、帰りのバスは静寂で快適であった。 よい一日であった。
そんなに歩いたとは思えないのだけれど、私の万歩計は、12,248歩を示していた。 

|

« 勤労感謝 | Main | ワッファリンと胃潰瘍 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 勤労感謝 | Main | ワッファリンと胃潰瘍 »