« September 2009 | Main | November 2009 »

2009.10.30

教育勅語

教育勅語

朕惟フニ我カ皇祖皇宗國ヲ肇ムルコト宏遠ニ德ヲ樹ツルコト深厚ナリ

我カ臣民克ク忠ニ克ク孝ニ億兆心ヲ一ニシテ世世厥ノ美ヲ濟セルハ此レ我カ國體ノ精華ニシテ教育ノ淵源亦實ニ此ニ存ス爾臣民父母ニ孝ニ兄弟ニ友ニ夫婦相和シ朋友相信シ恭儉己レヲ持シ博愛衆ニ及ホシ學ヲ修メ業ヲ習ヒ以テ智能ヲ啓發シ德器ヲ成就シ進テ公益ヲ廣メ世務ヲ開キ常ニ國憲ヲ重シ國法ニ遵ヒ一旦緩急アレハ義勇公ニ奉シ以テ天壤無窮ノ皇運ヲ扶翼スヘシ

是ノ如キハ獨リ朕カ忠良ノ臣民タルノミナラス又以テ爾祖先ノ遺風ヲ顯彰スルニ足ラン

斯ノ道ハ實ニ我カ皇祖皇宗ノ遺訓ニシテ子孫臣民ノ倶ニ遵守スヘキ所之ヲ古今ニ通シテ謬ラス之ヲ中外ニ施シテ悖ラス朕爾臣民ト倶ニ拳々服膺シテ咸其德ヲ一ニセンコトヲ庶幾フ

         明治二十三年十月三十日

                御名御璽

| | Comments (0)

2009.10.28

街路樹

街路樹

今の頃、街路樹の黄葉、紅葉、そのモザイクが美しい。 

  街路樹に バス降りし頃 しぐれ空

又、今の頃、秋空が美しい。 空の色がよい。 雲の流れがよい。

  青雲の 棚引く空に 今生きる

| | Comments (0)

2009.10.25

その後の民主党

Takaragaike_line2_2

その後の民主党

民主党が政権を執ってから、はや1ヶ月有余が過ぎ去った。 この間、鳩山総理はもっぱら大臣達に、マニフェストの実現に渾身の努力を言い渡すだけで、御本人は、外交の美名に隠れて、令室ご同伴での外国巡りが多い、と言う印象を受けているのは私一人だけだろうか?!

各大臣さん達は、予算の削減を強要(?)されて、実際、外野席から見ていても、大変だなぁと思う。  前原国交相など気の毒なぐらいである。 その措置が突然的であっただけに、反発が大きい。 民主党の言うマニフェスト、果たしてマニフェストの各項目がスムースに実現できるかどうか、国民もそろそろ疑心暗鬼になってきている、のではないだろうか。 なにしろ予算の裏付けがないのに、風呂敷だけは派手に大きく拡げた感じが否めないのだ。

所で民主党のマニフェストの中で、これだけはすぐに出来そうな項目がある。 国民の多くも賛成するし、願っていることだからである。 何故かしら、その後、民主党から声は挙がらないが、マニフェストの7項目めにあるのだ。

7.国会議員の定数を削減する
【政策目的】
○行財政改革を進めるとともに、政権交代が実現しやすい選挙制度とする。
【具体策】
○衆議院の比例定数を80削減する。参議院については選挙制度の抜本的改革の中で、衆議院に準じて削減する。

実際の感覚として、国費を、税金を無駄に費やしている国会議員が多すぎるように思える。 文字通り刷新すべきである。 国費の削減も容易に出来るはずだ。 民主党は、国民の疑心暗鬼を拭うためにも、先ずやりやすい議員数の削減で、政権交代の実効の姿を示すべきである。

| | Comments (0)

2009.10.24

ハートセンター

Tanpopos_2

(写真は 林 伸行氏の作品より)

ハートセンター

術後、一年半も経過したので、名古屋のハートセンターまで、新幹線で出掛けた。 予約していたので、スムースに精密検査、米田先生による診察を受けることが出来た。 さすが、最新鋭の機器による診断で、詳しく現在の症状について、説明を受けることが出来、納得すること、安心することが出来た。 新幹線で出掛けた甲斐は充分にあった。
内容的には、例えば手術を受けた僧坊弁の動きは、完璧と言うことであった。 思わずバンザイを叫びたいくらいであった。

ただ問題点は、人工弁のため、血液の通過時、物理的に赤血球が破壊されるので、どうしても慢性的に、貧血状態が続いている。 従って、造血を図ることが必要である、とのことで、具体的には、オイシイ蛋白質を摂りなさいとのことであった。 正に歓迎すべき言葉である。 早速に実行することにしている。

今ひとつの問題点は、矢張りワッファリンの服用についてである。 慢性的な貧血状態である上に、さらに鼻血などでの出血は、忌避したい。 と言って、ワッファリンの服用は必須であるから、内出血、外出血しない程度に、自己調節しなければならない。 実際、薬効というものには、個人差があるはずで、必ずしも教科書通りの数値に拘る必要はないのだけれども、と、言って、無視してはいけない。 常に、頻繁に、INRの値を調べて、最善を期する必要があるのだ。 私の場合は、INRは1.5以上をキープすることが必要とのことであった。 出来れば、2.0が望ましいのだけれど。 心懸けねばならない。

来年の今頃又、ハーセンターに行くことになっている。

| | Comments (0)

2009.10.15

君が手を振る

Pink_rose

君が手を振る

滞米中、一つの発見は、彼等が何時も、見知らぬ人でも、勿論顔見知りの人には、いつも軽く手を挙げながら、「ハイ!」とか「ハロー!」と声を掛け合うことだった。 私はこの習慣が好きだったし、私も滞米中、何時もその調子だった。 挨拶することはよいことである。

日本に帰国後も、私は習慣的に、人に会うと軽く手を挙げて挨拶することが多い。 「こんにちわ!」と声が届かない場合は、大きく手を振ったりする。 相手が、近所の人であるときには、男であれ、女であれ、爺さんであれ、婆さんであれ、声を掛けるのが癖にまでなっているようである。 

所が日本では、古来、慎み深いのが美徳とされている。 こんな歌さえある。

あかねさす紫野行き標野行き 野守は見ずや君が袖振る

(貴方が私に手を振ってくれるのは嬉しいけれど、誰かが見ているかも知れませんことよ)
かの額田王の和歌である。

その美徳が今でも続いているのか、さる婆さんに手を挙げて、挨拶すると、変な目で見られたことがあって、こちらが戸惑った経験がある。 こんな後期高齢者の爺さんになっていてもである。 もっともその婆さんは未亡人になってまだ日が浅かったらしい。 難しいものである。 
それでも私は「手を振る」事は続けたいと思う。

| | Comments (0)

2009.10.13

雨ぞ漏る

Dugs_2

雨ぞ漏る

かって、勝海舟が貴重な文献の写本をしていたとき、彼の家に雨漏りがあり、机の上に置いてあった、墨書による写本が台無しになったことがあった。 古来、雨漏りには誰しも泣かされてきたものである。

私の子供の頃、台風などがあった後では、よく雨漏りがして、バケツや洗面器が雨漏り受けに使われていたのを覚えている。 屋根やさんが来て、瓦のずれを治してくれると、雨漏りは止まる。 あれくらいのことなら自分でも出来そうだと、高校生の時、屋根に上がったことがあったが、瓦の上を歩いて、却って、瓦を割ってしまい、失敗したのは情け無い思い出である。

今年の五月に、我が家の外壁のサイディングの目地が割れたりして来たので、雨漏り防止も含めて、外装を改修した。 ところが先日の台風18号による北東からの横殴りの雨で、少しだが二階の押入に雨漏りのシミが出来た。 布団を濡らすわけにはいかない。 

そもそも雨漏りの水源(?)を探し当てるのは難しい。 素人には出来るものではないので、又プロの工務店さんに来てもらって、診てもらい、それらしきところを補修してもらった。 勝海舟ほどではないが、雨漏りはストレスの溜まるものである。 今日の補修で、完治していることを祈るばかりである。 

| | Comments (0)

2009.10.10

近頃

最近の話題

1.何と昨晩、アメリカのオバマ大統領が、なんと、ノーベル平和賞を受賞した。 
これには本人は勿論、世界中が驚いた。 およそ賞というもの、理由づけは何とでも言えるものだが、何しろ大統領就任後、9ヶ月で、その弁舌で、賞を得たのだから、凄いことである。 彼が言う核兵器の廃絶なんて事は、我が国では60年以上も前から、口が酸っぱくなるほど言ってきたのに、ノーベル賞委員会の人達はそれを知らなかったのだろうか?

2.民主党政権が誕生して以来、政策が具現化していけば行くほどに、内部での軋轢、意見の衝突がそれこそ具現化してきた。 中でも、社民党との意見衝突は、善処のとりようもなく、近い内に分裂することだろう。 実際には、分裂してくれた方が、国民には解りやすくてよいはずだが。

3.サプリメントが話題になっている。 私も医者から処方されている薬の他に、ついつい宣伝の載せられて、若干のサプリを購入して、服用したこともある。 が、結構高価なものなので、例えば、説明に書いてある毎食後、1日3錠と言うところを、1日1回1錠としたりしていた。 その所為か、薬効も不明なので、もう止めることにした。 先日のNHKでは、サプリメントの過剰摂取で、思わぬ薬害が出たことを報じていた。 クワバラクワバラ!
厚労省は、何がよくて、何がどんな場合に悪いのか、知らしむべきである。

| | Comments (0)

2009.10.03

どどいつ

愚作と知りつつ、秋の夜長に、久しぶりに 都々逸の創作をしてみた。 御笑覧下さい。

§ 神無月 §

神無月 神の居らない 社に参る 達者で長生き 老夫婦

§ 仲秋の名月 §

年に一度の 今夜の月と 予報士嬢の  丸い笑顔(かお)

雲に隠れて 出てこぬまんま 月見団子が いじらしい

§ お医者様 §

検査検査で 病(やまい)を探し 治る病じゃ ないという

治らぬ病を 治してみせる ここに幸あり 神の腕

肺に溜まった 水抜くために 利尿剤薬 水で飲む

抜いても抜いても まだ抜き足らぬ 水くさいとは 言うまいぞ

§ 民主党 §

やれるやるぞと その気にさせて 矢っ張り無理とは 言えぬ党

打ち出の小槌が あるはずじゃった 探しあぐねた 顔ばかり

平成維新の 時今ならば 新憲法を 作りましょう

無駄な予算は みなみな削る 無駄な議員も 削りましょう

| | Comments (0)

« September 2009 | Main | November 2009 »