« June 2006 | Main | August 2006 »

2006.07.31

第21回山端夏祭り

山端夏祭り

7月30日、今年も山端夏祭りが行われた。        今年も盛大だった。 
今年も私は、年輪クラブとして、缶ビール、おつまみ付きを、300円で売った。 
今年も完売だった。 
今年も利益が出た。 利益はすべて山端自治会に寄付する。

山端公園に集う老若男女、親子連れ、若いカップル、浴衣姿の小学生や中学生の姿がフレッシュで艶やかだ。 女性会からのおいしい出店、安価で美味しいから列が出来る。 ゲームコーナーにも歓声が上がる。 プロ級の和太鼓ショウは雄大である。 懐かしい江州音頭が流れる。 大ビンゴゲームで、自転車が当たった人が、光悦となる。 山端には京大の国際交流会館もあるので、祭りは国際色も豊かである。 夕方5時から夜の9時まで、山端地区の親睦行事は、今年も大成功裡に終わったのだった。

212_1 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.07.15

マーチンソン先生

Memartinson

マーチンソン先生

プリンストン大学に留学中、娘は同じ地区のリバーサイド小学校に通うことになった。
アメリカでは、大学の宿舎まで、スクールバスで送迎してくれるので、親は安心できる。
が、娘はアメリカの小学校は初めてだし、一年生のクラスに、日本人はいなかったから、友達がなかなか出来なかった。 これが唯一の悩みの種だった。

小学校で、ミーティングがあったとき、担任のマーチンソン先生に、その悩みを話した。先生のアドバイスは、クラスの友達に招待状を出しなさい、と言うことだった。 ただし遊びの時間は2時間を超えないこと、との忠告もあった。 我々は招待状を作って、娘のクラスメートに渡した。 が、当日果たして、みんなが来てくれるかどうか、心配だった。

その当日、なんと、全員が来てくれた。 全員が娘へのプレゼントを持ってきてくれた。 あちらの国では、プレゼントは、その場で開けるしきたりだ。 娘は、箱を開けるのに、頬を紅潮させて、感極まっていた。 我々は、家族全体で、娘のクラスメートと遊んだ。 みんなとっても可愛くて活発な子供達だった。 時間が来て、皆が、それぞれの家族に連れられて帰っていったとき、我々の、そして娘の悩みは氷解した。 その後、毎週のように、今度は娘が、プレゼントを持って、友達の家に招待されていったのだった。

Mewandy

Mewendy2

最初の時、全員が来てくれた陰には、きっと、マーチンソン先生が、友達の家に電話して、招待に応じるようにと、気配りしていただいたからだと、思う。 ヴァレンタインの日には、マーチンソン先生から、グリーティングカードもきた。 今は娘の宝物である。

Megumupapier  

娘はそれから、外国が好きになった。

1968年6月14日、リバーサイド小学校の修了式があった。 私達は、この夏には帰国する。 娘はマーチンソン先生との別れが辛いと、一日中泣いていた。

                                                                     

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.07.07

妙高山

Myoukousunrise_1

妙高山

妙高山には思い出がある。 50年も前の思い出だが、京大の3回生の夏、学友と伴に妙高高原、笹ヶ峰のヒュッテに宿泊し、火打山に登ったことがあった。 私にとっては、ヒュッテでの生活(?)は初体験だったし、牧歌的な高原の雰囲気に魅せられたのだった。 高谷の池を経て、火打山にも登ったが、肝心の妙高山は、その時、その全容を見ることもなく、終わっていたのだった。 あれ以来、何時の日か、妙高山の全容を見たいと思いつつ、これまでになっていた。

今年、JTBの旅物語シリーズの中に、赤倉の名を見つけ、これに参加した。 参加したが、折しも、日本国中梅雨の真っ最中で、九州では、不幸にも水害が出ている状態であった。 7月3日、旅の前日は、京都でも、集中豪雨があり、雨は避けられないと、覚悟した。

が、出発の日、7月4日、我々のバスが京都を離れるのに呼応して、雲は切れ、時々刻々、青空が広がっていくのだった。 バスが中央自動車道に入る頃、久しぶりの青空を見た。ランチタイムとなった、駒ヶ根SAでは、懐かしい宝剣岳に再会する事もできたのだった。 雪を抱いている宝剣の峰には雲が沸き上がっていた。 

Harema_1 

Mthoukenclaud_up

姥捨のSAから、遙かに見晴るかす浅間山は、流石に霞んでいたけれど、佐久の広がりが美しかった。 この景観を見ると、私は、何故かしら、癒されるのだ。 佐久に、浅間に、新鹿沢温泉、そして地蔵峠、唐松林、千曲川、かの串田孫一の世界である。 わが青春の思い出がある。

Saku

赤倉ホテルに入る前に、バスはここの観光スポット、イモリ池に向かった。 この時期、この時刻、我々32人以外、観光客は居なかったが、池には、蓮の花々が競艶し、周辺の森からは、カッコウがおおらかに出迎えてくれた。 ヨシキリやウグイスの歓迎も賑やかであった。

Ikehasu
雲が低いので、この時刻、山は見えなかった。 霧の向こうらしい。

4時過ぎ、赤倉ホテルに入る。 京都からここまで、530キロの行程であった。 ここのホテルのフロントロビーには、豪華な大仏壇がある。 聞けば、嘗て、親鸞さんが佐渡に流される途中、この地で、妙高山に遊び、その時、野獣たちが温泉に浸かるのを見て、土地の人に温泉を教えたのだという。 赤倉温泉と親鸞上人の繋がりを始めて知ったのだった。

我々も、今は優雅に、ここのホテルの「有縁の湯」に浸かって、旅の疲れを癒した。 有り難いことである。  晩餐のおり、女将の挨拶があった。 女将の言うことには、明朝も、天気は絶対に晴れる。 屋上から御来光が拝めるから、是非、早起きして屋上に上がってくださいと。 (この時、天気予報では、明日は雨であった。)

早朝4時15分、真面目に起き出して、屋上に上がる。 

Asayake2syuusei_1 

おお、その朝焼けの美しさ。 思わず歓声が飛び出る。 西の方を仰げば、何と、目の前に、念願だった、妙高三山が屹立して居るではないか。 これ亦、感激の歓声が上がる。 嬉しかった。 これを見たかったのだ。

Sunshine1

Myoukou1  
御来光を拝む。振り返れば、妙高山は朝日を受けて、輝いていた(最初の写真)。 御来光と、妙高山の両方に柏手を打った僕であった。

ホテルを九時に出る。 これより苗名の瀧に向かう。 この頃になって、天気予報が当たりだした。 折しも、雪解けの水、数日来の雨を集めて、関川は轟々と流れている。 この関川に沿って、濡れた細い山道を、傘を差し、杖をつき、デジカメを持っての歩きだから、用心が要る。 しかし、始めて見た、苗名の瀧は流石に、素晴らしい瀑布であった。

Fallbridgegreen_1

Naenafall_1_1   
李白の漢詩が思い出される(望廬山瀑布)。

   飛流直下三千尺 疑是銀河落九天

この後、黒姫山麓の童話館に寄った。 雨降りで、黒姫は煙っていた。 が、山麓はあくまでも、牧歌的であった。

Cows_in_green

雀の子 そこのけそこのけ おうまが通る (一茶)    小林一茶は信州柏原村の人である。

バスは、この後、雨の中、また530キロを走り、薄暮の京都に還った。

                                                
   

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2006.07.01

ケセラセラ

Wcup

ケ・セラ・セラ

W杯で日本チームが敗退し、いろいろな評論が成されている。 私も日本チームを応援していたのだが、評論することはもう止める。 が、とにかく、他国のチームの選手と並ぶと、他国は圧倒的に、体格がデカイ、背が高い。 あれでは、対等のスポーツにならないのでないかと、思う。
結局、アジアのチームは何処も、決勝リーグに出られなかったのだが、技術もさることながら、先ずは体格の改良が根本問題ではないだろうか。

深夜のテレビ中継で、ウクライナvsスイス戦を見た。 ウクライナvsスイス戦は延長でも勝敗がつかず、PK戦となった。  当事者は大変だが、第三者としてみるPK戦は面白い。 
が、何とその時、会場内からは、「ケ・セラ・セラ」の音楽が流れたのだった。 これには、正直、驚いてしまった。 しかし直ぐに納得は出来た。 両者とも、あれだけ死力を尽くして、あれだけプレイしたのだから、後はケ・セラ・セラでいいではないか、と言うことなのだろう。 私も、そう思う。 
このウクライナvsスイス戦の場合、素晴らしかったのは、その過程であって、結果ではなかったのだ。 

7月1日、今日からまた、決勝リーグが始まる。 

貴殿は何処を応援されますか?                            

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2006 | Main | August 2006 »