« May 2005 | Main | July 2005 »

2005.06.21

夏至

final

夏至

今年の夏至は今日、6月21日である。 
この日は、また、私の第3回目の心臓弁置換手術4周年記念日(?)でもある。 
4年前の今日、京大病院心臓血管外科 米田正始 教授の御執刀を戴いて、起死回生的に甦らせていただいたのである。 

そんなこともあって、今朝方、教室のメールボックスを通して先生宛に、
「お蔭さまで元気にさせていただいてます」との礼状メールを送信した。

 送信し終わってから、メールを読み返してみると、「先生の御執刀」としたつもりが、なんと、「先生の後執刀」と、なっているではないか。 
誠に失礼千万、申し訳ないことをしてしまった。 悔やまれてならない。
真に、パソコンの「文字変換」だけには細心の注意が必要であることを痛感した。

もし、「御執刀」が「誤執刀」だったらと思うと、・・・・・、考えるだけでも、
冷汗三斗の思いである。 
せっかくの 順 調 な吾が心臓にも、最悪のダメージを与えることになったことだろう。
それにしても、申し訳ないことであった。 今後、気をつけよう。

この夏至の一昨日、日曜日は、いわゆる「父の日」であった。 全国の多くの小学校では、父親参観日があったらしい。 
我が家では、孫の昂が、近畿ブロックのインターハイに出場するので、娘のmegumuと神戸のユニバ運動公園に応援に出かけた。 
孫は誰の遺伝子を受け継いだのか、ジャンプが得意である。 この日も、三段跳びの決勝に出場し、入賞した。 8月には、千葉での全国インターハイに出場することになった。

board 

祖父さんとしては、まこと、欣快である。 嬉しい「父の日」であった。
それにしても、若い肉体が、全力で競い合う姿は、真に美しく、感動的である。 
若い力を応援したい。

                                                      

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.06.16

梅雨の晴れ間

green_river1 

写真はクリックすると大きくなります

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2005 | Main | July 2005 »