« ドーピング自由化論 | Main | 松江宍道湖の夕焼け »

2004.10.02

人生 生きとるだけで まるもうけ

maple.jpg

超熟

我が家でよく買ってくる食パンは、「超熟」という名の 食パンである。 その生産工程を知っているわけではないので、正確ではないが、多分、充分に熟成させて焼いたパンだろうと、想像している。 
それと全く関係はないのだけれど、我々も、73歳を過ぎると、自分では、ぼつぼつ超熟ではないかなと、思ったりしながら、その超熟のパンを食べている。 確かにもう、熟年と言われた年齢も通り越したのだから、超熟かもしれない。
先日、10月1日に、京大卒業50周年記念の祝宴があった。 久しぶりに、本当に久しぶりに、旧交を温めることの出来た友人との再会では、思わず、「お互いよく生きてきたなぁ」との言葉で握手したものだった。 実際、誰しも、多くの友人が幽明境を異にしているのである。 そのことを思い、お互いそれぞれに、これまで何度か、死線を越してきたことなどを思えば、本当に有り難い、超熟連の会であった。

この秋から始まったNHKの朝ドラ、「わかば」には、お祖母さん役で、南田洋子が出演している。 このお祖母さんは、何かあると、口癖のように、「人生、生きてるだけで まるもうけ」と語る。 私は、この台詞を聞いた最初から、この言葉が大好きになった。今の私には何かぴったしの感じがするのである。 これから先、何年の寿命があるのか判らないけれど、これからの毎日、この台詞のように、「人生、生きてるだけで まるもうけ」の心境で生きられたらよいと思う。
     (2004.10.06)

|

« ドーピング自由化論 | Main | 松江宍道湖の夕焼け »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22099/1575094

Listed below are links to weblogs that reference 人生 生きとるだけで まるもうけ:

« ドーピング自由化論 | Main | 松江宍道湖の夕焼け »