« September 2004 | Main | November 2004 »

2004.10.30

教育勅語

gomonsyou.jpg

教育ニ関スル勅語

朕惟フニ我ガ皇祖皇宗国ヲ肇ルコト宏遠ニ徳ヲ樹ツルコト深厚ナリ 
我ガ臣民克ク忠ニ克ク孝ニ億兆心ヲ一ニシテ世々蕨ノ美ヲ済セルハ此レ我ガ国体ノ精華ニシテ 教育ノ淵源亦実ニ此ニ存ス 
爾臣民父母ニ孝ニ兄弟ニ友ニ夫婦愛和シ朋友相信ジ恭倹己ヲ持シ博愛衆ニ及ボシ学ヲ修メ業ヲ習ヒ以テ智能ヲ啓発シ徳器ヲ成就シ進テ公益ヲ広メ世務ヲ開キ常ニ国憲ヲ重シ国法ニ遵ヒ一旦緩急アレバ義勇公ニ報ジ以テ天壌無窮ノ皇運ヲ扶翼スベシ 
是ノ如キハ獨リ朕ガ忠良ノ臣民タルノミナラズ又以テ爾祖先ノ遺風ヲ顕彰スルニ足ラン 
斯ノ道ハ実ニ我ガ皇祖皇宗ノ遺訓ニシテ子孫臣民ノ倶ニ遵守スベキ所 之ヲ古今ニ通シテ謬ラズ之ヲ中外ニ施シテ悖ラズ
朕爾臣民ト倶ニ拳々服膺シテ咸其徳ヲ一ニセンコトヲ庶幾フ
   
      明治二十三年十月三十日
             
                  御名御璽

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

小学校、そして、国民学校時代、教育勅語の雰囲気の中で育った私にとっては、「明治二十三年十月三十日 御名御璽」の言辞は、その勅語の奉読が行われた、講堂の中の雰囲気、静寂、そして 「御名御璽」と奉読が終わったときの、一斉に起こった(鼻すすり)音と共に懐かしい。 今日、我が国の教育、とりわけ道徳教育が問題になっているが、教育勅語の中の、道徳的教示に関するところなど、すなわち、

「父母に孝に 兄弟に友に、 夫婦愛和し 朋友相信じ、 恭倹己を持し 博愛衆に及ぼし、 学を修め 業を習い、以て智能を啓発し、徳器を成就し、進んで公益を広め、世務を開き、常に国憲を重じ、国法に遵い、一旦緩急あれば義勇公に報じ, 以て天壌無窮の国運を扶翼すべし」 (皇運をここでは国運としている)
は、そのまま、現在の道徳教育に復活、強調すべき事柄ではないだろうか、と、思ったりしている。
え? なんですって? アナコロニズムに過ぎるって?! そうかな~。 

      平成十六年十月三十日

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.10.26

お見舞い

angel_path.jpg


先日の台風23号による、御当地の大水害のニュースを見るに付け、貴殿そして貴殿ご家族のことを偲び、心痛に耐えません。 先ずは、心からお見舞い申し上げます。 その水害の凄まじさ、文字通り言語に絶するもので、御当地の皆さん方には、公私に渡り、ご苦労の多いこととお察し申し上げています。 

これからも、いわゆる後処理、後かたづけ、復旧、復興、と連続しての厳しいビジネスが続くことでしょうが、そして又、これ以後、気候も寒さに向かっていく事になりますが、何分にも体調の維持管理に充分に御配慮下さり、御自愛下さいますようお願いたします。

昨日は新潟地区での大地震があり、日本国は国難続きです。 今年の日本は本当に、災害が続きました。 異常です。 異常はある意味で貴重な体験であり、教訓になるのかもしれませんが、疲れますね。 当方でも、早速、今日、地区の防災訓練があり、小生、老骨にむち打って、参加してきました。 午前中だけでしたが、疲れました。 こんな事言っていては、豊岡や新潟の人たちに申し訳ない、とは思ってます。 

駄弁を労しましたが、先ずはとにかく、お見舞い申し上げる次第です。 
一日も早く再興されることを、心底より祈念しております。 お体大切に。 (2004.10.24)

(写真は 篠崎和男氏のご好意により拝借しました)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.10.09

松江宍道湖の夕焼け

ファイルのダウンロード

第二の故郷とも言うべき、松江、宍道湖の夕焼けは、とりわけ、秋が美しい。 ファイルをダウンロードして、時々刻々に変化する、宍道湖の夕焼けを御観賞下さい。 (2004.10.10)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.10.02

人生 生きとるだけで まるもうけ

maple.jpg

超熟

我が家でよく買ってくる食パンは、「超熟」という名の 食パンである。 その生産工程を知っているわけではないので、正確ではないが、多分、充分に熟成させて焼いたパンだろうと、想像している。 
それと全く関係はないのだけれど、我々も、73歳を過ぎると、自分では、ぼつぼつ超熟ではないかなと、思ったりしながら、その超熟のパンを食べている。 確かにもう、熟年と言われた年齢も通り越したのだから、超熟かもしれない。
先日、10月1日に、京大卒業50周年記念の祝宴があった。 久しぶりに、本当に久しぶりに、旧交を温めることの出来た友人との再会では、思わず、「お互いよく生きてきたなぁ」との言葉で握手したものだった。 実際、誰しも、多くの友人が幽明境を異にしているのである。 そのことを思い、お互いそれぞれに、これまで何度か、死線を越してきたことなどを思えば、本当に有り難い、超熟連の会であった。

この秋から始まったNHKの朝ドラ、「わかば」には、お祖母さん役で、南田洋子が出演している。 このお祖母さんは、何かあると、口癖のように、「人生、生きてるだけで まるもうけ」と語る。 私は、この台詞を聞いた最初から、この言葉が大好きになった。今の私には何かぴったしの感じがするのである。 これから先、何年の寿命があるのか判らないけれど、これからの毎日、この台詞のように、「人生、生きてるだけで まるもうけ」の心境で生きられたらよいと思う。
     (2004.10.06)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2004 | Main | November 2004 »